施設概要

施設概要の様子の写真福祉用具プラザ北九州(北九州市立介護実習・普及センター)

延  床  面  積:750㎡(約230坪)
福祉用具展示場:525㎡
事  務  室:103㎡
リ ハ ビ リ 工 房;:122㎡(倉庫等を含む)
 

【設置】北九州市 〔所管/保健福祉局 総務部 地域リハビリテーション推進課〕

【指定管理者】社会福祉法人 北九州市福祉事業団

【設立目的】
介護に関する知識及び技術並びに介護機器の普及を図ることにより、市民の高齢者福祉に対する理解及び参加の促進に資する。

(北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例)

【沿革】
平成11年10月1日  北九州市 保健福祉局 障害福祉センターの展示相談係として開設
平成14年 4月1日   社会福祉法人 北九州市福祉事業団に管理運営を委託
平成17年 4月1日   「福祉用具研究開発センター」の組織・機能を統合するとともに、「中途視覚障害者緊急生活訓練事業」を「小池学園」から移管
平成18年 4月1日  指定管理者制度に移行
平成19年4月1日  「高齢者排泄相談事業」の受託に伴い排泄相談窓口を開設

2024年3月31日までの指定管理者は北九州市福祉事業団